curl コマンドの便利な使い方まとめ

curl コマンドの便利な使い方 技術ネタ

WEBシステム開発・運用などでは、よく curl コマンドを使っています。
自分用メモに近いですが、 ケース別によく使う curl コマンドをまとめました。



ケース別よく使う curl コマンド

ヘッダだけを取得したい場合

curl -I https://return-favor.com/

スマホでアクセスしたい場合(ユーザエージェントにスマホを指定)

curl  -H "User-Agent: Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_0 like Mac OS X) AppleWebKit/604.1.38 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/15A372 Safari/604.1" https://return-favor.com/

proxy経由でアクセスしたい場合

curl -x proxy.xxx.co.jp:8080 https://return-favor.com/

特定のCookie をつけてアクセスしたい場合

curl -b "xyz=abc;" https://return-favor.com/

Basic認証がかかっているページにアクセスしたい場合

curl -u userid:password -I https://return-favor.com/

データをPOSTしてページにアクセスしたい場合

curl -F "key=value" https://return-favor.com/

SSL証明書を無視してアクセスしたい場合(オレオレ証明書を使っている場合など)

curl --insecure https://return-favor.com/

参考

Windows版の curl はココからダウンロードできます。